2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
アルバム
NOEL'S Profile

Noel
名 前:ノエル
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:クリーム
体 重:4.1キロ
サイズ:首23cm 胴36cm 着丈31cm
誕生日:2007年12月14日
特 技:撫でて~アピール
好 き:撫でられるコト
嫌 い:雷。掃除機。金属音etc.
性 格:人懐っこく甘え上手。怖がり。
2009年1月8日避妊済み

うちの子記念日2008年4月5日

CIEL 'S Profile

Ciel
名 前:シエル
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:ブラックタン
体 重:5.8キロ
サイズ:首26cm 胴40cm 着丈35cm 
誕生日:2009年4月16日
性 格:素直。頑固。こだわり強い
好 き:食べるコト。
嫌 い:地に足がつかないコト
2011年1月8日避妊済み

うちの子記念日2009年8月16日

EMMA'S Profile


名 前:エマ
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:クリーム
体 重:5.2kg
サイズ:首23cm 胴38cm 着丈30cm 
誕生日:2013年2月15日
性 格:やんちゃ。若干ワガママ
好 き:ノエ&シエ/おもちゃ全般
嫌 い:ノエシエと離れること

うちの子記念日2013年4月8日

My Profile

ノエルママ


名前:ノエルママ
住所:兵庫県
趣味:ガーデニング。ハンドメイド
自己紹介:
小学生の頃にいたわんこ以降、
ずっと猫ちゃんと一緒に育ちました。
2008年3月愛猫ルカを見送り
その後にノエルを迎え
わんことの生活をスタート。
2009年8月にはシエルを迎え
多頭飼いライフが始まりました。
2013年4月には更にエマをお迎え。
カワイイ3匹に癒されながら
毎日お気楽主婦生活を満喫してます。



◆資格◆
ホリスティックケア・カウンセラー
ID:HCC 07885(2010年2月取得)

*ペット食育士2級(2010年4月取得)
*ペット食育士1級(2010年8月取得)
*ペットマッサージ/アカデミッククラス修了(2011年6月)
*アロマテラピー検定1級(2011年12月取得)
*ペットアロマ検定(2011年12月取得)



カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カウンター


現在の閲覧者数

今このページを見ているのは:
人です

最近の記事&コメント
カテゴリー
MY SHOP
*Tansoku*


新商品の紹介、発売の告知等は
SHOP ブログもしくは
Facebookにて



阪神間で開催されている
手作り市に不定期出店してます

☆出店予定☆
お気に入りブログ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アカラス発症
先日からシエルのことでちょっと気になってることがありました。


それはコレ↓
091004-01.jpg



写真では分かりにくいですが、右耳の横あたりの頭の毛が
ちょっと薄くなっているんです。


最初は小さかったのが、何となく広がってるような気もします。


正面からだとわからないぐらい。
でも後ろから見ると、確かにその部分だけちょっと毛の生え方が薄い気がする。

人で言う円形脱毛症のように、完全につるつるになってるわけではなく
あくまで 薄いなぁ~ って程度。



気にはなってたけど、ごっそり毛が抜けたってこともないし
かゆがってる様子もないので
しばらく様子を見ていました。


いろんな人に見てもらったり、意見を聞いたりしたけど
大丈夫じゃない?って言われてて
でも自分では「何かカビとか菌とかの皮膚病じゃないだろうか
もしかしたら・・・」とどうしても気になってしまって

今日、病院で診てもらってきました。



病院でも大丈夫 って言われれば、それでいいわけですし。



私にはわからなかったんですが
先生に見てもらうと、薄くなってる部分には湿疹ができているということ。

湿疹のある部分をガラスのようなものでこすって
顕微鏡で検査してもらいました。




出た診断結果は、考えてた中では一番厄介なものでした。


アカラス症 だったんです。




アカラス症とは。。。


ニキビダニと呼ばれる、犬の毛穴に巣食う寄生虫が原因で起こる皮膚病です。
チャイニーズシャーペイやパグに特に多く見られますが、どんな犬種でも発症する可能性はあります。


【原因】

ニキビダニ(体長0.2~0.3ミリほどの寄生虫)が原因です。
毛根を包んでいる毛包に潜むために毛包虫とも呼ばれています。
このダニは、生まれたばかりの子犬がダニの寄生する母犬の体に寄り添い、
母乳を吸うなどの濃密な接触によって感染すると考えられています。

犬にニキビダニが寄生しているからといって必ずしもその犬が発症するとは限りません。
体力や免疫力の低下、遺伝的要素、基礎疾患の存在など
様々な要素が発症に関係していると考えられています。
よって通常の犬では発症しません。
生後間もなく母犬から感染したニキビダニが寄生したまま、
発症せずに健康に暮らしている犬もかなりいると思われます。

母と子犬のような濃密な接触がない場合、一般的には感染犬から他の犬への伝播もないと言われています。
また人間には人間のニキビダニが寄生するので、犬と人間の間で病気が伝染することはありません



【症状】
 
目や口の周り、前足などの部分が特に感染しやすい部位です。
症状は、以下の経過をたどって悪化していく傾向があります。

(1) 脱毛
初期症状はなんの痒みもなく、2~3cmほどの大きさのツルンとした
きれいな脱毛になる事が多いです。

(2)膿胞の発生
寄生したニキビダニが異常繁殖すると毛根がダメージを受けて部分的に脱毛し、
やがてニキビのような膿胞がたくさん出て、皮膚がただれます。
皮膚がただれたまま放置すると脱毛部位は頭から首へ、
前足から肩や胴にまで拡がることもあります。

(3)二次感染
さらに弱った皮膚に細菌や真菌が二次感染を起こして、痒みや痛みを増していきます。
こうした悪循環を断ち切らないと、最終的には全身の皮膚はかさぶたと化膿だらけになり、敗血症を引き起こして命に関わることもあります。


【診断】
 
特徴のある皮膚の状態を観察し、患部から皮脂腺の内容物を削り取って
顕微鏡でニキビダニの存在を確認します。
ニキビ状に膿が溜まった状態では簡単に検出できる事がほとんどですが、
初期のキレイな脱毛の場合、検出できる可能性はとても低くなります。


【治療】
 
治療は、以下の三つの方法から必要な治療を行います。

(1) 殺ダニ剤の投与や薬浴による治療
この治療で治癒率は(一般的には)50%です。

(2) フィラリア予防薬による治療
アカラス症には、フィラリア予防に使用する薬がとても効きます。
しかしフィラリア予防の時と比較して300倍くらいの量を毎日服用しますので費用が大変です。

(3) 二次感染や基礎疾患の治療
細菌や真菌による二次感染を起こした場合や、ホルモン分泌の異常などの基礎疾患も
アカラスの症状を慢性化、悪化させやすいために並行して治療します。

アカラス症は、症状が軽くても1ヶ月以上、通常は数ヶ月間の投薬が必要になります。
うまく治療の効果が現れても、投薬を休止すると再発する例が多いです。
表面的な症状の軽減を見て治療を中断すると、薬効の及ばないダニの卵が孵化して繁殖し、
再発してしまうことも少なくありません。とにかく治療に根気が必要です。
特に犬が老齢になってからの発症は完治が難しく、治療管理が生涯必要となることもあります。




↑これがアカラス症についての一般的な記述です。


ただし、子犬については

発症は生後3~6ヶ月の子犬に多く、この場合には発症範囲が
目や口の周り・肢端に限られており、症状も軽く、
約9割が自然治癒するといわれています。



そう。成犬や老犬のアカラスに比べると
子犬のアカラスは自然治癒の可能性もあるんです。



シエルはまだ5ヶ月。
症状もまだ今のところは軽く、
顕微鏡で見たニキビダニも数は多いわけではなく(1匹だけでした)
活きもよくない(?) ←元気なヤツはかなり動き回ってるらしい


というわけで、先生から十分説明を受け考えた結果
今すぐ殺ダニ剤を使うことはせず
湿疹ができてるため、抗生剤の投与で様子を見ることになりました。


もちろん、薄くなってる部分が増えてきたりするようでしたら
殺ダニ剤の使用も考えなくてはいけないですが
副作用は弱いとはいえ全くないわけではないので
できる限り薬は使わず、自然治癒してくれたらと思っています。



アカラスの発症原因は複雑で解明されてるわけではないですが
一因として考えられているのが、免疫力の低下


シエルは食欲はあるんですが
身体は相変わらず小さく細く、食べても太ってくれません。
たくさん食べすぎるとすぐに便が緩くなってしまいますし
嘔吐や便が緩くなることもしばしば。


同じころのノエルは、食は細くなったりしてたけど
嘔吐も下痢も全くなく、内臓については本当に強いコだったので
それに比べたら、シエルはちょっとおなかが弱い子なのかもしれないなと思ってます。



アカラスのことを色々調べてると、
アカラスが発症したから手作りに変えた方もいれば
アカラスが発症したからフードに変えた方もいました。

結局、どっちが合うのかわかりませんが
うちはこれまで通り手作りを続けるつもりです。
(シエルは一部フードを食べさせてますが)


手作り食については、納豆やヤギミルクがいいという話を
クールな日常のいくこさんの記事で読ませていただいたので
今までもヤギミルクは飲ませてましたが、これからも続けようと思います。
納豆もありますしね^^

(いくこさんの愛犬クールくんもアカラスの経験があるんだそうです)


他にも免疫力UPの食材を取り入れたり
生食もいいという話なので、生食も増やしていこうと思ってます。



薬なしでどこまで治せるのか。。。



記録として残していこうと思います。




最初、顕微鏡を覗いた先生の一言が

寄生虫ですね~


だったので、


えっ!!寄生虫だったら移るんじゃ・・・???
ノエルは大丈夫??



って思ったんですが、


ニキビダニ自体は元々母犬→子犬に寄生するもの
ほとんどのわんこが元々持ってるもの
それに、犬同士でも移ることはない ものなんだとか。


移らないと聞いて、ちょっと一安心です。


他のコにも移したら大変ですものね




ハゲ=ストレス?って思ったこともあったけど


この寝姿でストレスは・・・・ないでしょうね ( ̄∇ ̄;)

091004-02.jpg


 
Secret
(非公開コメント受付中)

しぇりままさん♪
感染しないのはありがたいんですが
やっかいなのはやっかいなんですよね
一昔前なら不治の病ですから…(;^_^A
自然治癒してくれるのが一番ですが、どうやらそうもいかなさそうです


この前言ってらしたところよね?
皮膚の下が盛り上がってるなら膿皮症?って思ったんだけど、
アカラス症っていうのは初めて知りました。
強い薬は心配だし、自然治癒してくれることを信じましょう~!!!
ノエルちゃんに感染しないのは、心配ごとがひとつでも減ってよかったね♪
シエルちゃん、こんなに幸せそうに爆睡してるんだからストレスは…そりゃないわょ~


ままんさん♪
先生のお話によると、ほとんどの子が持ってるそうです。

なんとなく、人間で言うヘルペスみたいなもの?って思いました。
人間の口唇ヘルペスも、免疫低下すると出てきたりしますしね。

事前に少しだけ知識があったので
薄くなってる部分を見てもしかしたら?って気はしたんですよね。
だから周りに大丈夫って言われても病院に行ったんです。
やっぱりって感じでしたね。

自然治癒もあるそうなので、そうなるように頑張っていきたいと思います。


sizuさん♪
アカラスのこと調べられたことがあるんですね。
私は、たまたまお友達のブログの中にも
アカラスのことを書いてる方がいて
(今、休止中のブログなんですが)
チラッと名前ぐらいは知ってたんですよね。
なので症状からアカラスの疑いもあるなとは思ってたんです。
(だから周りの大丈夫の声を聞いても、病院に行こうと思ったんですが)
いくこさんのブログ、じっくり読ませていただいて
薬以外の効くといわれるものは何でも取り入れようと思ってます。
シエルにいるニキビダニは幸い、あんまり元気ではないみたいでしたので
シエル自身に元気になってもらってやっつけたいですね!


まいしゃんさん♪
薬は色々調べたんですが、かなり強い薬みたいなので
極力使いたくないんですよね
成犬ならともかく、まだダックスにしては身体もとても小さいですし
負担を考えたら使いたくなくって。

アカラスはひどくなるとかゆいみたいですよ
シエルの場合、軽いのか全く気にしてないですけど。

顕微鏡で見せてもらったダニ…・気持ち悪かったです( ̄∇ ̄;)


ルナモモさん♪
蘭ちゃんも薄くなったことがあるんですね
薄くなるのがすべて病気ってわけではないと思いますよ
他にもカビや真菌性の皮膚病もありますし、たぶんストレスって場合もあるでしょうし
本人が気にして掻きすぎて抜けるってこともあるでしょうし。
いろんなパターンの中で、うちは一番厄介なパターンに当たっちゃいました。
もう少し成長して、自然治癒してくれるといいなと思います


いぬきちさん♪
ストレスはなさそうですよね( ̄∇ ̄;)
抱っこもされたい時に積極的にきたりしますし。
たぶん、身体も小さめだしおなかもちょっと弱いところがあるので
免疫力や抵抗力がちょっと弱いコなんだと思います。
免疫力UP頑張ります☆


ナターシャさん♪
6ヶ月までに発症した場合は自然治癒の確率が高いようです。
子犬の抵抗力の低さからの発症だと
大人になって抵抗力がつけば治るってことみたいです。
移らないってことにはホッとしました。
2ワンともとなるとかわいそうですし、接触させないというのも難しいですしね


そうなんですか~
聞いたことなかったです

母犬からもらってきて 免疫力の低下で発症するということですね

うつらないときいて ほっとしましたね

わんこにも いろんな病気があるものですね

早くなおりますように



アカラス症・・・以前、ティファの頭にも脱毛が見られた時に
偶然に、いくこさんのブログにたどりつき。。。
勉強させてもらっておりました。
シエルちゃん、原因がわかって良かったね。
時間がかかるでしょうけど、良くなる事を
祈っています・・・☆


(:゜艸゜)初めて聞きました…

お薬を飲むより、やっぱり自然治癒してくれるといいですね~
動物ってあんなに毛があるんだもん、ダニが居てもおかしくないよね~でも痒かったりしないのかな?

お大事にしてください


うちの蘭も、連れてきてすぐくらいに同じようなことになって
はげるの?って思った事がありました。
そうか~、病気だったんですね。

シエルちゃんも自然治癒しますように!!


勉強になりました
小さなシエルちゃん、ガンバレ~
ポンポン出して寝てる姿にストレスは感じないね(o´艸`)


お大事に・・・
子犬は自然治癒うする可能性が高いのと
ノエルちゃんに移らないというのは
まだよかったですが
どうぞお大事に・・・。


はじめてきく病名です。