2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
アルバム
NOEL'S Profile

Noel
名 前:ノエル
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:クリーム
体 重:4.1キロ
サイズ:首23cm 胴36cm 着丈31cm
誕生日:2007年12月14日
特 技:撫でて~アピール
好 き:撫でられるコト
嫌 い:雷。掃除機。金属音etc.
性 格:人懐っこく甘え上手。怖がり。
2009年1月8日避妊済み

うちの子記念日2008年4月5日

CIEL 'S Profile

Ciel
名 前:シエル
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:ブラックタン
体 重:5.8キロ
サイズ:首26cm 胴40cm 着丈35cm 
誕生日:2009年4月16日
性 格:素直。頑固。こだわり強い
好 き:食べるコト。
嫌 い:地に足がつかないコト
2011年1月8日避妊済み

うちの子記念日2009年8月16日

EMMA'S Profile


名 前:エマ
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:クリーム
体 重:5.2kg
サイズ:首23cm 胴38cm 着丈30cm 
誕生日:2013年2月15日
性 格:やんちゃ。若干ワガママ
好 き:ノエ&シエ/おもちゃ全般
嫌 い:ノエシエと離れること

うちの子記念日2013年4月8日

My Profile

ノエルママ


名前:ノエルママ
住所:兵庫県
趣味:ガーデニング。ハンドメイド
自己紹介:
小学生の頃にいたわんこ以降、
ずっと猫ちゃんと一緒に育ちました。
2008年3月愛猫ルカを見送り
その後にノエルを迎え
わんことの生活をスタート。
2009年8月にはシエルを迎え
多頭飼いライフが始まりました。
2013年4月には更にエマをお迎え。
カワイイ3匹に癒されながら
毎日お気楽主婦生活を満喫してます。



◆資格◆
ホリスティックケア・カウンセラー
ID:HCC 07885(2010年2月取得)

*ペット食育士2級(2010年4月取得)
*ペット食育士1級(2010年8月取得)
*ペットマッサージ/アカデミッククラス修了(2011年6月)
*アロマテラピー検定1級(2011年12月取得)
*ペットアロマ検定(2011年12月取得)



カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カウンター


現在の閲覧者数

今このページを見ているのは:
人です

最近の記事&コメント
カテゴリー
MY SHOP
*Tansoku*


新商品の紹介、発売の告知等は
SHOP ブログもしくは
Facebookにて



阪神間で開催されている
手作り市に不定期出店してます

☆出店予定☆
お気に入りブログ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
膝蓋骨脱臼(パテラ)
昨日、2匹にお留守番してもらってお出かけして
帰ってきたら、シエルの歩き方がおかしいのに気付きました。

でも本人は鳴くこともなく元気いっぱい。

お留守番はサークルの中なので、どこかから落ちるなどもありえません。
みたところ怪我もしてないし
全身を触っても痛がる様子がなかったので
緊急性はないと判断。

今朝、病院に連れて行ってきました。



お留守番の状況からも、自己判断で
膝が怪しいと思っていましたが
先生の診断も同じく、膝蓋骨脱臼だろう ということでした。



恐らく、私たちが帰宅した時に
サークルの柵に手をかけてジャンプしてたのが原因だと思われます。


歩き方は、今朝には普通に戻っていたので
確実にそうだとは言い切れないみたいですが

私が見てて、おかしいと思ったのが左の後ろ足。

そして、触診で膝が緩いと言われたのも左の後ろ足。


サークルでのお留守番で、原因と思われることが
そのジャンプ行為しかなさそうなところからも
たぶん膝蓋骨脱臼のようです。



以前に書いたかもしれませんが、ノエルもパテラです。

ノエルは両後ろ足ですが、左の方が緩いそうです。



でも、痛みはないらしく歩き方に変化が出たこともありません。



その為、手術は勧められませんでした。


ダックスには、膝の緩い子は多いそうで
本人が
・痛みを感じていない
・外れっぱなしになっていない

のであれば、うちのかかりつけ医では特に手術を勧めたりはしないそうです。


ただ、今後症状が進む可能性はあるので
万一の時に手術が必要になるということと
日頃からの予防を心がけるようにしています。




パテラと診断されると
獣医さんによっては、手術を積極的に勧められる場合もあるようですね


今日、先生とお話してると
チラッとですが


ダックスは(パテラの)手術、しにくいんですよね…


って言われてました。

構造上何だろうと思うんですが。


他の犬種だと、同じパテラでも内方脱臼【内側に脱臼する】ですが
ダックスは 外方脱臼【外側に脱臼する】と言われましたし。



シエルの場合、やたらとジャンプするのが心配ではあって
腰にもよくないからやめさせようとはしていたんですが
やっぱりなぁって感じです。


これからもうちょっと厳しく、ジャンプに対しては
しつけしていくつもりです。


なかなか難しいんですけどね 汗



シエルの場合、諦めが悪いので
無視してやめさせるってことが難しいし
先生からもやり方として合わないと言われました

やめるまで無視することで、
ジャンプする時間が長くなる=負担も増える わけで。

叱って一瞬でもやめるなら、叱る方向で
やめたら褒めるというやり方でやっていくつもりです。

まだ、叱ってもなんで叱られてるかよくわかってないみたいですが。





まとまりのない文章で申し訳ないですが…


これから2匹とも、パテラと上手に付き合いながら
やっていくしかないなぁって感じです。
あまり悲観的には思ってませんけどね^^


 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
◆りかさん
ダックスに限らず、小型犬はパテラの子は多いような気がします。
関節が弱いんでしょうね
シエルは要求=ジャンプってところがあるので、直さないといけないなって思います。


◆katamichiさん
うちの場合、ノエルもパテラなので
やっぱりなぁ~って感じで、かなり軽く受け止めてます。
病院でも深刻になる必要はないって言われてますし
本人さえ痛みを感じてなければ、問題ないみたいです。
ノエルは肩も悪かった時期があるから、いつかは検査か手術が必要になるかなって覚悟もありましたし(今は全く必要なさそうですが)
なったらなった時…ぐらいに思ってますよ


No title
こんばんは。

シエルちゃん 膝蓋骨脱臼と診断されたんですね。
我が家も 病院で左後ろ足の脱臼と診断されました
ショックでしたが 今は前向きに考えています。

でも、ジャンプや ソファーの上を 走り回るのには、困っています。
ルカ☆さんの おっしゃる通り 悲観的にならずに上手に付き合っていくしかないんですよね。(^_^)v


No title
大型犬は股関節の病気が多いけど、ダックスは膝ですか?
まりんも若干の異常があるので、あまりジャンプはダメなんです。
ドッグランとかで、はしゃぐので気をつけてはいます。
痛がってなくても、心配ですね。
お大事に・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。