2008/03
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
アルバム
NOEL'S Profile

Noel
名 前:ノエル
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:クリーム
体 重:4.1キロ
サイズ:首23cm 胴36cm 着丈31cm
誕生日:2007年12月14日
特 技:撫でて~アピール
好 き:撫でられるコト
嫌 い:雷。掃除機。金属音etc.
性 格:人懐っこく甘え上手。怖がり。
2009年1月8日避妊済み

うちの子記念日2008年4月5日

CIEL 'S Profile

Ciel
名 前:シエル
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:ブラックタン
体 重:5.8キロ
サイズ:首26cm 胴40cm 着丈35cm 
誕生日:2009年4月16日
性 格:素直。頑固。こだわり強い
好 き:食べるコト。
嫌 い:地に足がつかないコト
2011年1月8日避妊済み

うちの子記念日2009年8月16日

EMMA'S Profile


名 前:エマ
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:クリーム
体 重:4.5kg
サイズ:首23cm 胴38cm 着丈30cm 
誕生日:2013年2月15日
性 格:やんちゃ。若干ワガママ
好 き:ノエ&シエ/おもちゃ全般
嫌 い:ノエシエと離れること

うちの子記念日2013年4月8日

My Profile

ノエルママ


名前:ノエルママ
住所:兵庫県
趣味:ガーデニング。ハンドメイド
自己紹介:
小学生の頃にいたわんこ以降、
ずっと猫ちゃんと一緒に育ちました。
2008年3月愛猫ルカを見送り
その後にノエルを迎え
わんことの生活をスタート。
2009年8月にはシエルを迎え
多頭飼いライフが始まりました。
2013年4月には更にエマをお迎え。
カワイイ3匹に癒されながら
毎日お気楽主婦生活を満喫してます。



◆資格◆
ホリスティックケア・カウンセラー
ID:HCC 07885(2010年2月取得)

*ペット食育士2級(2010年4月取得)
*ペット食育士1級(2010年8月取得)
*ペットマッサージ/アカデミッククラス修了(2011年6月)
*アロマテラピー検定1級(2011年12月取得)
*ペットアロマ検定(2011年12月取得)



カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2008年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カウンター


現在の閲覧者数

今このページを見ているのは:
人です

最近の記事&コメント
カテゴリー
MY SHOP
*Tansoku*


新商品の紹介、発売の告知等は
SHOP ブログもしくは
Facebookにて



阪神間で開催されている
手作り市に不定期出店してます

☆出店予定☆
お気に入りブログ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新しい家族♪
うちに新しい家族を向かえることになりました。

noel-080331.jpg


ミニチュア・ダックスフンドの女の子です




まだ猫ちゃんががいなくなってから1週間ほどしかたってないので
早すぎるかな?とか
猫ちゃんに悪いかな?とか
・・・もしかして私って薄情なのかな?とか

色々と迷いました。

だけど、家で一人で過ごす寂しさもあり
以前からずっとワンコを飼いたかったということもあり
(結婚当初は猫を飼う(預かる)予定は全くなかったので)

お店で抱っこさせてもらって、甘えてくる姿を見てたら
どうしてもうちの子にしたくなってしまいました。



12月生まれなのでまだ生後3ヶ月。

きっとやんちゃなんだろうなぁ・・(^^;




今はまだお店にいます。



どうやらちょっと風邪気味のようで、きちんと治るまではお渡しできない
(お店で預かる)ということなんです。
ほとんど治ってるみたいなので、1・2週間でつれて帰れるようです。


それまではお店に行けばいつでも会わせてもらえます。。。が、

土曜日に飼うって決めて
日曜日に旦那と二人で行って抱っこさせてもらったので
そうしょっちゅう行っても迷惑だろうし、会いたいのをちょっとガマンしてます(笑)

日曜日に会いに行った時、お店の方が店に飾ってあった写真をくれました♪
(風邪でお店の奥にいるので、写真だけ掲示してあったんです)
それが↑の写真です。


早く来て欲しいなぁ~


 
贈り物
先ほど、ルカちゃんへ贈り物が届きました。



お世話になった動物病院から、こんなにかわいいお花が。







きっとどの子にもされていることなんだろうと思いますが

こういう心遣いは嬉しいですね。


あの病院にお世話になって本当によかったと思います。







 
3月25日火曜日
本日、愛猫ルカと最後のお別れをしてきました。


通っていた動物病院の先生から紹介をいただいて、
「宝塚動物霊園」で葬儀をしてもらってきました。



先生から「そこなら丁寧にしてくれるから」と言われていましたが
本当にまるで人と同じようにしっかり丁寧に対応していただきました。



霊園に到着して、まずは納棺。
いろんなタイプがありましたが、一番簡単な基本のものにしていただきました。

箱の中へ毛布でくるんで寝かせ、好きだったカリカリと缶詰、かつおぶしを入れてあげました。
一緒にお花も。


その後は葬儀。
きちんと箱にも布をかけていただき(たぶん人間の場合にかけるのと同様のものです)
お坊さんが読経をして、お焼香もきちんとさせていただきました。


葬儀の後、一旦事務的な説明と支払いがあり
その後火葬場へ。

火葬する前に祭壇でお線香を上げ、最後のお別れをさせていただきました。
旦那と二人、こんなことがあったね~なんて話しながら
最後にたくさんなでてあげました。


火葬は合同ではなく個別で。
50分ぐらいかかるということだったので、その間は外を散歩したり休憩所で休んだりしていました。
霊園内でひなたぼっこしてる猫ちゃんたちに癒されたり。


火葬後、お骨上げをさせていただきました。
これも本当に人間の時と同じで、一つ一つ説明をしてくださり
二人で骨壷に納めさせてもらいました。

そして再度祭壇に置いて線香を上げ、連れて帰ってきました。


今はリビングのいつもいた場所にいます。



霊園で埋葬してもらうこともできるのですが、行ったこともない知らない場所で
知らない人やワンちゃん・猫ちゃんに囲まれて眠るより
家でゆっくり眠れた方がいいだろうと思ったので、
四十九日が終わったら、自宅の庭の暖かい日のあたる場所に眠らせてあげるつもりです。





ちょっと事務的(?)な話になってしまいますが。。。
費用のことです。

火葬料はペットの大きさで変わり、うちの猫ちゃん(健康な時で体重3~4キロでした)で17000円でした。
これは個別火葬の場合です。
葬儀は無料でしていただけるんだそうです。
御棺は基本のものであればこの料金の中に含まれます。

そして埋葬料ですが、共同墓地に埋葬するのが一番低料金です。

うちのように連れて帰る場合、位牌(木製)と骨壷を用意してくださり
お骨上げをさせてもらって20000円になります。


今回は動物病院からの紹介ということを伝えていたため、少し割引をしてもらって
総額は35000円でした。




一日たって、きちんとお別れをして改めて思うのは
最後の時を看取って上げられて、私はすごく幸せだなって。
母のところにいたままだったら、きちんとお別れもできないまま
いつの間にかいなくなってたんじゃないかなって思います。
一緒にいられて本当によかったです。


 
3月24日月曜日
しばらくこの書庫でも記事は書いていませんでしたが、
書いていない間もほぼ毎日、点滴をしに病院へ通っていました。


そして・・・



本日、午前9時30分ごろ  永眠しました。



昨日も病院へ行き、鼻が詰まってるからか呼吸を口でするようになっていて少し苦しそうな様子でした。
金曜日から体温が下がり始めていて、それまでなんとか37度台をキープしていたのが

金曜日は36度台
土曜日は35度9分
日曜日(昨日)は35度5分までさがっていました。


昨日、病院から帰って昼間は普段どおりでしたが
夜になって、冷たい場所(フローリングの上)へ移動してきていたり
呼吸が少し苦しそうだったりしていて、いよいよかな。。。と思っていました。


ただ、以前に記事に書いたかもしれませんが
この状態で救急へ連れて行くと、恐らく「安楽死」と言われてしまうため
翌朝まで様子を見ることにしました。


そして今朝。

先に起きた旦那が、ハウスの中ではなくフローリングの上で寝ているのを見つけました。
慌てて少し暖かい場所へ移動させましたが、手足が軽く痙攣している状態。

8時ごろまで様子を見て(病院は9時から)、8時過ぎに病院へ電話すると通じたので
状況を説明し、すぐに連れて行きました。


まだ先生が来ていなかったため、看護士さんたちが暖めてくれたり
酸素吸入をしてくれたりしました。

先生が来たので、点滴を入れてもらい治療は終了。



・・・というか、もうそれ以上のことはできないんですね。やりようがないんです。



今日は診察代は後日でいいと言われ帰宅。



そして帰宅後、たぶん10分もたってなかったと思います。

何度か口を大きく開けて呼吸をしてましたが、痙攣が止まったな・・・と思ったら
そのまま息を引き取りました。



静かな最後でした。



旦那のことが大好きな子だったから、最後に旦那がそばにいてあげられなかったことだけが心残りです。



本人にとってはどうだったかわからないけど、
先生からは、この3週間できる限りのことは全てしたし幸せだったと思いますよって言われました。

最後は家でみてあげることができたし、一番好きな場所で最期を迎えられたのはいいことだったのかなと





18年間ありがとう。
さようなら。ルカちゃん。


 
3月9日・10日
3月9日(日)
1週間の点滴の成果を見るために血液検査をしました。

結果は。。。正直手を上げて喜べるほどの変化はありませんでした。
クレアチニンの値が少し下がったけど、それでもまだ正常範囲にはほど遠い。


日曜日は旦那も一緒に行って、今どういう状態なのか
今後どうするか、説明を受けてきました。


先生からの説明では
やはり腎不全の末期の状態には変わりないということ
あとどれくらい生きられるか。これについては正直わからないそうです。
腎不全は発見されてからだいたい長くても1年半ぐらいだそうです。
でもこれは「早期発見」で初期の段階でのこと。
うちの子みたいに末期の状態だと、1・2週間しかもたないこともよくあるそうです。

でも既に1週間頑張ってくれてるし、ご飯を食べない・痩せたということ以外は
見た目もほとんど変わらないんです。
目も相変わらず生き生きしてる。



何よりも、、実は土曜日ぐらいから少しだけご飯を食べてくれるようになりました。

先生から食べるならなんでも(本当はあまり与えすぎない方がいいものでも)あげていいと
言われたので、試しにあげてみたんです。
うちの子の大好物。
たぶんうちの子に限らず、猫ならたいてい好きだと思う。


それは・・・・かつおぶし。


猫にかつおぶしって普通にあげてOKなものだと思われがちですが
本当はあんまり与えちゃいけないんです。
特に人間用の鰹節には 塩分、マグネシウムが含まれています。
猫の場合尿結石ができやすくなります。
少量なら問題ありませんが、大量に与えない方がいい食材なんです。


だから今までは大好きなのはわかってるけど、あんまりあげないようにしてました。


先生からOKも出たので、まずはかつおぶしを手に乗せてあげてみる。
喜んで食べました!
そして、更にお皿に入れていつものご飯の場所に置くと自分から食べに行きました。
更に更に、かつおぶしだけより病院でもらった療養食も一緒に食べてくれた方がいいので
療養食の上にかつおぶしをかけて食べさせてみると


これも自分から食べに来てくれました。



病気になる前と比べたらずっとずっと少量ですが、この1週間全く食べなかったことを考えれば
かなりの進歩です。





日曜日の診察の結果を受けて、この先どうするかを旦那と話し合いました。
先生の方針としても、いわゆる病気を治す「治療」は不可能な状態なので
この先、いかに楽にしんどくなく生きていけるかの手助けをしますということでした。

救急病院の案内も受けましたが、できれば連れて行かないほうがいいといわれました。
連れて行って、今の年齢・状態をみれば
十中八九、安楽死を勧められてしまうそうです。


そして、二人で出した結論は。。。
通院はとりあえず今週は様子を見つつ、2日に1回点滴をしてもらいに行く。
それでご飯を食べてくれてるようであればもう少し回数を減らす。

そんな感じでやってみようかなと思います。


 
3月7日(金)
今日も点滴のため病院へ。
相変わらずの混雑。受付してから診察してもらえるまでだいたい1時間前後はかかる。

点滴は今日で5日目。
最初の診察の時「5日間ぐらい毎日点滴をして様子を見ましょう」と言われて
今日がその5日目。

食欲が戻ってくれればと思っていたけど、正直ほとんど戻っていないのが現状。


先生から「そろそろ今後どうしていくかを考えてください」と言われました。


今後どうするか。
このまま毎日点滴を続けるのは難しいし、猫にとっても飼い主にとってもしんどいことなので
何日か置きにするか、点滴なしでしばらく様子を見るのかなど。

今日聞かれてさすがに即答はできなかった。


本当は毎日点滴をしてやった方が、体的には楽になるかもしれない。

でも、この病院が比較的診察代が安いとはいえ1回2500円はかかってる。
このまま毎日はとてもじゃないけど、経済的に続けてはいけない。



とりあえず明日もう一度点滴、あさってに再度血液検査をして数値の変化を見ることになりました。


今日は帰宅してからまだ1度もご飯もミルクも水も口にしません。




この記事に対して、色々コメントをいただいていてすごくありがたく思っています。
本当はコメントを返すべきなんだろうと思ってはいるんですが
どう言葉を返せばいいのか、自分の気持ちの整理がまったくつかないので何も書けずにいます。


「元気になるといいね」


確かにそう。元気になって欲しい。
心からそう願ってます。


でも現実は違う。



ルカがかかっている病気は「治る病気」ではありません。



腎不全というのは、腎臓がほとんど機能が壊れてしまっている状態です。
一度壊れてしまったものを元に戻すことはできません。
残った正常な部分をどう生かすか、どこまで機能してくれるか。それだけなんです。




はっきり言うと

もう元気になることはないんです。
完全に回復することはないと、先生からも言われてる。

前みたいに元気に鳴いたり、好きなご飯を食べたり、甘えてきたりすることはできないんです。


痛くて痛くて辛い状態を少しやわらげてあげる程度のことしかできない。


遅かれ早かれ、別れの時が迫っているということです。



それが明日なのか、1週間先なのか、1ヶ月先なのか、1年先なのかわからないけど。



こうやって大嫌いな病院に毎日連れて行って、毎日注射されて
これが本当に本人が望んでいることなんだろうか?と、毎日考えています。
これで少しでも楽になってるんだろうか?って。



旦那が帰ってきたら、これからどうするか話し合いたいと思います。


 
3月6日(木)
今日は午前中に用事があった為、午後から病院へ。
午後の診察は5時からだったので、少し前につくようにいったら・・・


今まで以上に大混雑。

病院前の駐車場はもちろん満車なので、第2駐車場に停めた。
待合室ももちろん溢れかえってる。
車を離れたところに停めているので、車内で待つこともできず。

動物病院はやはり大半が犬。
知らないニオイにイヌのニオイ・鳴き声・・・きっとすごいストレスだと思う。
ケージの中で鳴くので、ずっと頭を撫でていました。
鳴くと体力を消耗して疲れちゃうので。
撫でると落ち着くのか鳴かなくなります。


病院について1時間ぐらいしてやっと順番が来ました。
昨日の家での様子を伝えて、今日も点滴と痛み止め。

先生いわく、今の状態がもし人間だったら寝たきりかかなり危険な状態らしいです。
猫だからまだ動くこともできるのだとか。
そう思うと人間より猫のほうがずっと強いのかも。

そして今日は療養食の缶詰を出してもらいました。
普通の缶詰よりも離乳食みたいな感じでかなりやわらかいので
口内炎の子でも余り痛くなくて食べられるかも?ということでした。


でもこの缶詰、1個400円・・・・高い!

普段食べさせてるモンプチが4缶で200円位、普通でも1缶100円ぐらいなので
かなりお高めです。


診察が終わって帰宅。


帰宅後、小屋から出てきたときに缶詰を少しあげてみました。
すると、少しニオイをかいで食べてくれました。
食べたといっても、4・5回舐めただけですが。
でも全く食べないよりマシ。

その後も、自分からお皿のところまで行っては食べないものの
指ですくって顔に近づけると食べてくれました。

食べた総量。今のところティスプーン1杯半ぐらいかな。



そして、昨日猫用牛乳を飲んだからなのか
今朝、猫トイレを見たら便がありました。

これもかなり進歩かも。



この数日、嫌なことがあるときしか鳴かなかったのに
いつものように甘えて鳴くようにもなったし、喉も鳴らしてくれるようになりました。

明日はもうちょっと食欲が出てくれますように

今日の診察代
再診料: 500
注射代:1,000
点滴代:1,000
療養食: 400
-------------
計(税込)3,045


 
3月5日(水)
今日は動物病院は休診日。
でも点滴の必要があるので行ってきました。

いつもは待合室も駐車場も混み混みの病院も、さすが休診日。
ガラガラ(^^;

でも普通に受付の人もいるし、看護師さんも先生もちゃんといる。
患者さんが少ない以外は全く普段と変わらない感じでした。


昨日、少しご飯に興味を示したこと。
しきりに口元を気にしてる様子があることを伝えて
今日は点滴と口内炎の痛み止めをしてもらうことにしました。

ホントは痛み止めのお薬はあまり腎臓にも肝臓にもよくない=負担がかかるので
あまり使わないほうがいいようなのですが
痛みが強くて食欲が戻らないのでは
病気の治療どころじゃないので・・・


点滴の前に痛み止めの注射をして、その後点滴。
点滴には今日は抗生剤ではなく、ご飯を食べてないってことでビタミン剤を入れてもらいました。


脱水は少しマシになってるということでした。


痛み止めはだいたい1時間半ぐらいすれば効いてくるので
その頃にご飯を上げてくださいといわれ帰宅。


1時間半後にご飯をあげてみました。




。。。が、やはり全く興味を示さず (*ノ-;*)




この数日の様子を観察してると、ご飯には興味を示さないもののお水はしっかり飲んでいる。

そこでもしかしたら「ミルクなら飲むかも?」と思って
病院で相談してみたら、ぜひあげてみてと言われたので早速買いに行ってきました。



栄養たっぷりの粉ミルクも色々あったけど、量も多いし値段も高いので
とりあえず小さな牛乳パックサイズ(200ml)の「猫ちゃんの牛乳」をいうものを購入。

帰ってきて小さなお皿に移してあげてみると、飲んでくれました。
ほんの少しだけど何も食べないよりはマシ。
追加で入れてあげても続けては飲まなかったので、とりあえずそのまま置いておくことにしました。


本日の診察代
再診料: 500
注射代:1,000
点滴代:1,000
---------------
計(税込)2,625

休日診療にもかかわらず「時間外」料金ではなくいつもどおり。
更に痛み止め+ビタミン剤と2種類の注射をしたけど
1種類の時と同じ料金でした。


 
3月4日(火)
今日から5日間ほど点滴の為に病院通い。

これで食欲が出てくれたら・・と思うんですが
昨日の点滴ではまだ効果は出ず、相変わらず絶食状態。


午前中に点滴を受け、抗生剤も入れてもらう。
ついでに便が出てないので、残ってるかどうかも検査してもらったけど
やはり何も食べていないので便もなかった。



帰宅後、ネコ缶を少しあげてみる。

すると、今まで見向きもしなかったのに少し反応があった。
おっ、食べるか??と思ったけど、2回ほど舐めただけで終了。
でも昨日よりはちょっとだけ進歩。



気になるのが、やたらと口を気にしてること。
何か詰まったものをとるときのしぐさをしたり
何度も口をあけたり。
やっぱり食べない原因は口内炎かも。

以前から歯石がついているような感じだったので気にはなっていたんで
病院で相談したことはあった。
でも、人間と違って猫は大人しく口を触らせてはくれないから
歯石を取るとなると全身麻酔になってしまう。
高齢のルカには危険すぎる為、治療を断念していた。


明日は病院は休診日だけど、点滴はしてもらえるということなので明日も病院。
先生からも今日も食欲が戻らないようであれば
つぎは口内炎の痛み止めを。。。と言われてるので
明日は早速お願いするつもり。


さすがにそろそろ食べてくれないと・・・・



本日の診察代
再診料: 500
点滴代:1,000
注射代:1,000
-------------
計(税込)2,625


 
体調不良 2008年3月3日
この書庫の記事はちょっと内容が"重く"なってしまうかもしれません。


今年18歳になる我が家の愛猫「ルカ」
母の家からうちに連れて来て2年弱になります。






数日前からご飯が減ってないなと思いつつ、今までにも食べないことも時々あるのでしばらく様子を見てました。

すぐに病院に行かなかったのは、高齢で病院はもちろん
外に出る=ケージに入れられること自体がものすごいストレスになって
それだけで弱ってしまう可能性があるから。

でも昨日、大好きなモンプチをあげてみたんですが見向きもせず
水だけは飲んでいるけど、フードはやはり全く食べてない様子。

昨日の夜には歩き方も少しおかしくてふらついているし
鳴き方もいつもとはちょっと違う。


さすがにおかしいので、今朝病院に連れて行きました。


血液検査の結果は「腎不全」←猫には一番多い病気

しかも数値的にかなりの末期ということでした。


2年前の検査ではなんともなかったのにと思って聞いてみると
腎不全の場合、数値に異常が出てくるのは
2つある腎臓の1.5がダメになってしまった後なんだそうです。
しかも一度ダメになった腎臓は元には戻らない。

普通は悪くなってくると早い段階で食欲が落ちたりするらしいのですが
うちの子の場合、食欲が落ちなかったのか
もしくはこの数日(食べなくなった時点)に急に数値が悪くなったのか・・・

今日は治療の為に点滴をしてもらって帰ってきました。
明日からしばらく、毎日点滴の為に病院通いです。
それで食欲が少しでも戻ってくれればいいんですが
戻らなければ・・・・


腎不全になっても治療を続けて何年も生きてくれた子もいるそうです。
うちの子はどうだろう・・・

とにかく少しでも早く食欲が戻ってくれることを祈ってます


今日の血液検査の結果
肝臓・・総蛋白(正常値6.5±0.5)   :9.8
腎臓・・BUN(正常値10~20)    :140.0 ←測定不能
   クレアチニン(正常値0.5~1.6) :11.2
電解質・・K+(正常値3.7~5.4)    :4.9

血液・・白血球(正常値85000~15000) :18000 ←許容範囲内だそうです
   Ht値 (正常値35)      :30 ←低い方が良くない

本日の診察代
再診料 : 500
皮下注射:1,000
皮下点滴:1,000
血液検査:4,850
---------------
計(税込)7,715