2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
アルバム
NOEL'S Profile

Noel
名 前:ノエル
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:クリーム
体 重:4.1キロ
サイズ:首23cm 胴36cm 着丈31cm
誕生日:2007年12月14日
特 技:撫でて~アピール
好 き:撫でられるコト
嫌 い:雷。掃除機。金属音etc.
性 格:人懐っこく甘え上手。怖がり。
2009年1月8日避妊済み

うちの子記念日2008年4月5日

CIEL 'S Profile

Ciel
名 前:シエル
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:ブラックタン
体 重:5.8キロ
サイズ:首26cm 胴40cm 着丈35cm 
誕生日:2009年4月16日
性 格:素直。頑固。こだわり強い
好 き:食べるコト。
嫌 い:地に足がつかないコト
2011年1月8日避妊済み

うちの子記念日2009年8月16日

EMMA'S Profile


名 前:エマ
性 別:女の子
犬 種:ミニチュアダックスフンド
カラー:クリーム
体 重:5.2kg
サイズ:首23cm 胴38cm 着丈30cm 
誕生日:2013年2月15日
性 格:やんちゃ。若干ワガママ
好 き:ノエ&シエ/おもちゃ全般
嫌 い:ノエシエと離れること

うちの子記念日2013年4月8日

My Profile

ノエルママ


名前:ノエルママ
住所:兵庫県
趣味:ガーデニング。ハンドメイド
自己紹介:
小学生の頃にいたわんこ以降、
ずっと猫ちゃんと一緒に育ちました。
2008年3月愛猫ルカを見送り
その後にノエルを迎え
わんことの生活をスタート。
2009年8月にはシエルを迎え
多頭飼いライフが始まりました。
2013年4月には更にエマをお迎え。
カワイイ3匹に癒されながら
毎日お気楽主婦生活を満喫してます。



◆資格◆
ホリスティックケア・カウンセラー
ID:HCC 07885(2010年2月取得)

*ペット食育士2級(2010年4月取得)
*ペット食育士1級(2010年8月取得)
*ペットマッサージ/アカデミッククラス修了(2011年6月)
*アロマテラピー検定1級(2011年12月取得)
*ペットアロマ検定(2011年12月取得)



カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カウンター


現在の閲覧者数

今このページを見ているのは:
人です

最近の記事&コメント
カテゴリー
MY SHOP
*Tansoku*


新商品の紹介、発売の告知等は
SHOP ブログもしくは
Facebookにて



阪神間で開催されている
手作り市に不定期出店してます

☆出店予定☆
お気に入りブログ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
2年。
今日はルカの命日でした。


早いものでもう2年経ってしまいました。
ルカとこの家で過ごしたのも2年だったのに
もうそれを追い越しちゃうんだね。

今ごろ虹の橋でポカポカ日向ぼっこでもしてるかな?


ruka100324.jpg


ノエルとシエルが、ルカみたいに元気で長生きできるように
これからも見守っててね


※ルカは元野良ネコで、子猫の時に保護。
 18年間病気一つせず元気でした。
スポンサーサイト


 
1年。
今日はルカの命日でした。

お別れの日のコトは今でもはっきりと覚えています。


あの日、朝に病院に連れて行った帰りの車の中で
もう水も飲めなくて口もカラカラだったし
力なんて全然残ってなかったのに

たった一声だったけど、鳴いて声を聞かせてくれたよね。


お別れの挨拶だったのかなって思いました。



猫らしく擦り寄ってくることも、膝に乗ってくることもなく
抱っこも大嫌い。
甘えるくせに、撫でて欲しいくせに寄ってこない。

そんな子だったけど、大切な家族でした。


ノエルは子供って感じだったけど
ルカは中学生の頃から一緒だったから
子供って感じとはちょっと違ってたかな。


今頃、虹の橋で先住猫・・ルカにとってはママであるルナと
わが子オセロと一緒に日向ぼっこでもしてるんでしょうね。

いつかまた会える日まで、待っててね。

ruka-0324.jpg


独り言みたいなものなので、コメ欄は閉じさせていただきますね


 
ルカ。
薬を買いに薬局に行ったら抽選会やってて
2回ひいたら2回とも当たり。
わけのわからんところで運を使ってるノエママです汗とか
某社の柔軟剤、2個ももらってしまいました。




体調のコト、心配してくれてありがとうございます<(_ _)>

昨日はホントにゾクゾクするほど寒くって、ちょっとヤバイ?って思いましたが、一晩ゆっくり寝てちょっと回復しました。

今日もずーっと寝てたいけど、ノエルがいるとそうもいきません
寝室でずっと一緒に寝てるとトイレに行けないし、ご飯も食べないといけないし
結局リビングで横になるしかなくて・・・

起きたついでにブログ更新 ( ̄∇ ̄;)
(予約投稿にしておきました)



先日、HPをしてた頃のデータをいじってたらこんな動画を見つけました。





これはノエルの前に我が家にいた子、ルカです。
ルカはいつもこうやってテーブルの上に乗っては、コップに手を突っ込んで飲み物を飲んでしまう子でした。
ちなみにこのときのコップの中身はミルクティーなんですが 
当時はカフェインがダメとか知らなくて、しぐさがかわいいのでやめさせてなかったんですよね(^^;


ルカは、私が中学生の時に母がパート先に迷い込んできたのを保護した子です。
1日だけご飯をあげようって連れて帰ってきたら、その時いた先住猫ルナが、わが子のようにかわいがってしまって引き離すことができなくなったので、そのままうちの子になりました。

ルカはノエルとは本当に正反対って言うぐらいなつかない子でした。
抱っこは大嫌い。
よく猫がする、足元に擦り寄ってくるしぐさも見たことがありません。
でも撫でられるのは好きでした。
ただし、寄ってきて撫でろって催促はするんですが
撫でようとすると自分のお気に入りの場所に戻って「ココまで来い」って催促するような子でした( ̄∇ ̄;)

ruka1.jpg

撫でられてゴロンするのはノエルと一緒ですね



実家にいた時から↑のイタズラはずっとしていたので
我が家では「コップに飲み残したものは、時間が経ったら絶対に飲まない」ってことが常識でした

・・・猫の手がつっこまれた可能性があるから笑



この動画、一度は壊れたパソコンとともにデータは消えてしまったと思ってました。
それがたまたまHPに載せるために、ネット上にアップロードしてたものが残ってました。

見つけたときは感動~


これしか動いてるルカの姿は残っていません。


このまま永久保存です。


黒い方がルカ、三毛の方がルナです
rukaluna.jpg


ランキングランキングに参加していますランキング
応援クリックお願いします☆
クリックしてね。     クリックしてね。
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ




 
贈り物
先ほど、ルカちゃんへ贈り物が届きました。



お世話になった動物病院から、こんなにかわいいお花が。







きっとどの子にもされていることなんだろうと思いますが

こういう心遣いは嬉しいですね。


あの病院にお世話になって本当によかったと思います。







 
3月25日火曜日
本日、愛猫ルカと最後のお別れをしてきました。


通っていた動物病院の先生から紹介をいただいて、
「宝塚動物霊園」で葬儀をしてもらってきました。



先生から「そこなら丁寧にしてくれるから」と言われていましたが
本当にまるで人と同じようにしっかり丁寧に対応していただきました。



霊園に到着して、まずは納棺。
いろんなタイプがありましたが、一番簡単な基本のものにしていただきました。

箱の中へ毛布でくるんで寝かせ、好きだったカリカリと缶詰、かつおぶしを入れてあげました。
一緒にお花も。


その後は葬儀。
きちんと箱にも布をかけていただき(たぶん人間の場合にかけるのと同様のものです)
お坊さんが読経をして、お焼香もきちんとさせていただきました。


葬儀の後、一旦事務的な説明と支払いがあり
その後火葬場へ。

火葬する前に祭壇でお線香を上げ、最後のお別れをさせていただきました。
旦那と二人、こんなことがあったね~なんて話しながら
最後にたくさんなでてあげました。


火葬は合同ではなく個別で。
50分ぐらいかかるということだったので、その間は外を散歩したり休憩所で休んだりしていました。
霊園内でひなたぼっこしてる猫ちゃんたちに癒されたり。


火葬後、お骨上げをさせていただきました。
これも本当に人間の時と同じで、一つ一つ説明をしてくださり
二人で骨壷に納めさせてもらいました。

そして再度祭壇に置いて線香を上げ、連れて帰ってきました。


今はリビングのいつもいた場所にいます。



霊園で埋葬してもらうこともできるのですが、行ったこともない知らない場所で
知らない人やワンちゃん・猫ちゃんに囲まれて眠るより
家でゆっくり眠れた方がいいだろうと思ったので、
四十九日が終わったら、自宅の庭の暖かい日のあたる場所に眠らせてあげるつもりです。





ちょっと事務的(?)な話になってしまいますが。。。
費用のことです。

火葬料はペットの大きさで変わり、うちの猫ちゃん(健康な時で体重3~4キロでした)で17000円でした。
これは個別火葬の場合です。
葬儀は無料でしていただけるんだそうです。
御棺は基本のものであればこの料金の中に含まれます。

そして埋葬料ですが、共同墓地に埋葬するのが一番低料金です。

うちのように連れて帰る場合、位牌(木製)と骨壷を用意してくださり
お骨上げをさせてもらって20000円になります。


今回は動物病院からの紹介ということを伝えていたため、少し割引をしてもらって
総額は35000円でした。




一日たって、きちんとお別れをして改めて思うのは
最後の時を看取って上げられて、私はすごく幸せだなって。
母のところにいたままだったら、きちんとお別れもできないまま
いつの間にかいなくなってたんじゃないかなって思います。
一緒にいられて本当によかったです。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。